今日のごはんは な~~に

料理・レシピ・日常・わんこ

≫ EDIT

チャプチェ

チャプチェの画像は上げたことがあるがレシピを書いていなかった


CIMG7873_convert_20170921103553.jpg


【材料】4人分

緑豆春雨   150g(画像はタピオカ粉を使った乾燥蒟蒻を使用)
卵   1個
牛バラ   200g(画像では牛肉の代わりにハムを使用)
生椎茸   4枚
人参   1本 画像はパプリカの赤&黄も入れている
玉葱   中1個
ほうれん草   200g
白ゴマ   少々

(調味料)

ごま油   大さじ1
醤油   大さじ2
砂糖   大さじ1

他に下味用のサラダ油・醤油・砂糖適量
塩・胡椒・ごま油   少々

【作り方】

1.緑豆春雨は熱湯で1~2分茹で柔らかくなったら冷水で洗って水気を切り
  適当な大きさに切り醤油・砂糖で下味を付けておく
2.薄焼き卵(塩少々)を焼いておく
3.フライパンに大さじ1のサラダオイルを加えて熱し切ったバラ肉を炒め適量の
  醤油・砂糖で下味を付け取り出しておく
4.人参・玉葱・椎茸を炒め 塩少々で味付けして取り出す
5.ほうれん草は茹でて水を切り適当な大きさに切る
6.調味料は合わせておく
7.春雨を炒め(3~5)を入れゴマも加える
8.総てを合わせたら取り出し薄焼き卵をトッピングする

   春雨は緑豆春雨の方がこしが強くミネラル・ビタミンA・B1・B2が含まれ
   成人病に良いと言われる



CIMG7876_convert_20170921103618.jpg

茄子と鶏胸肉のサラダ


CIMG7850_convert_20170921103420.jpg

鰤の甘酢あん


CIMG7854_convert_20170921103439.jpg

秋の炊き込みご飯 
徐々にレシピ上げていきます


CIMG7627_convert_20170908132843_20170921104916ed9.jpg

プランター栽培で採れたミニトマト 冷凍しておいて一気にソースを作った


CIMG7639_convert_20170908132815_201709211049165d9.jpg

魚の残り物をFPに掛けて大葉と共に春巻きで残り物処理


CIMG7678_convert_20170921104442.jpg

あじゅあじゅ(軟弱王子&偏食王子)


CIMG7676_convert_20170921102139.jpg

ゆきちゃま 怒ってます 「誰やねん こんなんはめて!!」
すぐに外しました





さてさて外猫 くろちゃんを何とか家へ入れて上げたいと考えて決行
悩みに悩んだが・・・   ・・・   ・・・   


CIMG7709_convert_20170912172609_20170921105206dff.jpg

御曹司の だいちゃん どのような反応をするかと


CIMG7819_convert_20170921102429.jpg

最初はケージ越しに御対面~~

「ふ~~~しゃ~~~」

2~3日目に 直接合わせてみた

何の事はない くろちゃんの方が積極的  !”#$%&’()~=~|

「こいつ、誰やねん 敵は外だけかと 家にも居るやん」

「くっそう 一丁 かましたろ」

外では他の野良にゃんこと喧嘩したら負けるくせに 
おっさんが側にいるとやけに強気

小さいくせにこっちから仕掛け 「舐めたらあかんぞえ 舐めたら にゃろめ」

御曹司の 「だいちゃん 何々 にゃんこなんか見たことあらへん」

くろちゃん パンチ 一発

御ちゃんの 真っ白なたおやかな毛が 宙に舞った~~

「あんれ~~」 だいちゃん 逃げ惑う

「にゃんにゃん こいつ 此処は僕んちでごじゃるよ」

と言いながら 階下へ

所がである 此処には最大の強敵 ゆきちゃまがごじゃった

取り敢えず 小さいときから寝ていた私の部屋へ

「は~~びっくりした~~」

その後 ケージ越しに合わせようとするも だい坊 拒絶
「おっさん」が抱いて連れて行こうとするも 完全拒否

腹立ち紛れに 「おっさん」に ふ~~しゃ~~ 強いのはおっさんにだけ(笑

今までは廊下・階段を行ったり来たりしていたのに廊下にも出ない

仕方が無いので ゆきちゃまと だい坊を 交互にケージへ

あじゅあじゅと だい坊は全く大丈夫 横にいても 何の問題も無い

だいちゃん ゆきちゃまがケージに入っている時は1F全室を のっそのっそ(笑
何だか1Fが気に入ったようである

何が良いって 「おかしゃんが料理した物 色々くれるでごじゃる」
今まで食べた事の無かったもの 「世の中には美味い食べものいっぱいあるにゃぁ」

続きは又今度(笑









| 料理~アジアン~ | 12:34 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

茄子と豚肉の味噌炒め

秋茄子 美味しいですよね
きゅうり・茄子はこの時期の買い物の定番です


CIMG7697_convert_20170917084659.jpg


【材料】 2人前

茄子   4本
豚バラ   100g
赤唐辛子   1本

(A)

味噌   大さじ2 (味噌の味によって最終的な仕上がりは変わってきます)
酒   大さじ2
砂糖   大さじ1/2
白ごま   少々

【作り方】

1.豚肉は3cmくらいにカットする 赤唐辛子は種を取る
2.ボールに(A)の調味料を混ぜ合わせ入れておく
3.茄子は皮むき器で3~4箇所程 皮を剥いておく その後乱切り
4.フライパンにサラダ油 大さじ1/2を入れ豚肉・赤唐辛子を入れ
  脂が出てきたら茄子を入れ蓋をする 時々上下を返しながら炒める
5.調味料を入れて絡め合わせる 盛り付け後 白ゴマを振る

今回は白っぽい麹味噌を使用 まったりと美味しゅうございました

茄子の味噌炒めを作ったのはおそらく何十年ぶり 
たまには味噌味も良いね =^-^=


CIMG7712_convert_20170917084538.jpg


頂き物の ぶりの鍋照りです やはり鰤は美味しいね


CIMG7684_convert_20170917084818.jpg


先日 作って冷凍保存していた「ザイタン」 煮付けたけどこれも大好きです
又、作ろうかな =^-^=


CIMG7686_convert_20170917084852.jpg


鶏ハムを作って燻製にしたもの 燻製にすることで日持ちが違うのね


CIMG7807_convert_20170917083927.jpg

これを使ってきゅうり・レッドオニオンのサラダ
こういう物だと食慾 パッとしない時でも食べやすいです
燻製にする事によって 鶏 独特の匂いが消える






CIMG7773_convert_20170917083952.jpg


車 買い換えました
電動の車椅子 スムーズに乗せる事が出来ます(45㎏~50㎏程あるのです)

おっさん 力はある方なのですが寄る年波には勝てず ついつい私が我慢をしてしまう

買い物時 手動の車椅子で行くと必ず大喧嘩になる
運転が荒すぎ 車椅子って押す方と押される方随分 視点が違う

他人様にぶつかりそうな運転の仕方をする おまけにスピードを出す

急ぐ必要も無いのに 全速力で・・・馬鹿か と思う
それに買い物籠&カートが持てない

私の膝の上に籠を乗せた所で牛乳2パック入れても重たいよ
あちこちの関節悪いのに 結局 電動が最もベター

年齢的なもの 諸々を考えるともったいないかな とは思うがこれ以上の
引き籠もりは身体にも心にも 悪影響しか考えられない

「ええ~~い ままよ」 いつもこれである
勿論 私の決断で 私のお金で(笑


いえいえ家計は 別々では無いけれど

時々 自殺願望が むくむくと顔を出す 

こういう時は前を向くしかない 生きる事は大変だけれどあじゅあじゅとゆきちゃま
を置いては絶対に逝けない

にゃんこさんと おっさんの事は 何も考えていない 

何かにチャレンジして折角 生きながらえているのなら 動くべきだ

今、やりたい事がある 目標に向かって最後の力を振り絞って私らしい人生を全うしたい

手の手術が終わったら運転も再開してみたい 次の更新時には免許証 返納予定
それでもまだ32年まである

わんずの最後の子もこれくらいまでは生きると思う


CIMG7782_convert_20170917084138.jpg


CIMG7780_convert_20170917084025.jpg


CIMG7787_convert_20170917084222.jpg


あれっ あれあれ だいちゃんが1Fにいる・・・どうなってんだ  うふ・うふふ




| 料理~和食~ | 11:17 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

だいちゃん

こにゃにゃちゃは だいちゃんでごじゃりましゅる



2015_1109_113803-CIMG1309_convert_20170912141329.jpg



2015_1109_113817-CIMG1310_convert_20170912141621.jpg



2015_1109_113846-CIMG1311_convert_20170912141802.jpg



2015_1115_125435-CIMG1426_convert_20170912141945.jpg



2015_1224_141814-CIMG2052_convert_20170912143542.jpg



2016_0122_102258-CIMG2385_convert_20170912143629.jpg



2016_0203_085200-CIMG2508_convert_20170912143728.jpg



2016_0211_070855-CIMG2583_convert_20170912143854.jpg



CIMG7737_convert_20170912191324.jpg



CIMG7741_convert_20170912191350.jpg



でっかくなったにゃぁ




| にゃんこ | 14:52 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

車麩料理

車麩 大好きなのです

唐揚げ・和風煮物・角煮風・グラタン・デザートまで何にでも使用できます


CIMG7608_convert_20170908133027.jpg

唐揚げ風

【材料】

車麩   4枚

酒   小さじ2
砂糖   小さじ2
醤油   大さじ1・1/2
ごま油   小さじ2
にんにく・生姜   適量

 調味料の分量はお好みで変えて頂いても構いません
 車麩の絞り方によってお味は変わってきます
  
片栗粉   適量

【作り方】

1.車麩を水に戻した後 適当に絞って総ての調味料の中に漬ける
2.ある程度浸透した時点で更に絞り片栗粉を薄めに付けて揚げる

この時にお味が薄ければ何か付けたり掛けたりはお好みで宜しいかと
思います


CIMG7609_convert_20170908132903.jpg

この様な感じですかね これをベースに色々な物に変身できます


CIMG7619_convert_20170908132926.jpg

こちらは「角煮風」に煮付けてみました


CIMG7531_convert_20170830014757.jpg

こちらは和風です


CIMG7624_convert_20170908132945.jpg

しゃきしゃき蓮根&インゲン豆の餡かけ


CIMG7604_convert_20170908133009.jpg

これも美味しい ゴーヤチップス カリカリでビールに合います

ゴーヤは薄くスライスして下さいね 天ぷら粉はしゃばしゃばくらいがベターです
かりっと揚げてくださいね



CIMG7668_convert_20170908135038.jpg

相変わらず 食べムラのある あじゅあじゅ 我が儘王子


CIMG7665_convert_20170908135021.jpg

ゆきちゃまは 搔きカキした箇所のみ 毛が薄くなっている
信じられないような場所まで手足が長いのか届くのである
これに粘着性のある唾液で舐めまくるので治りそうで治らない

それでも悪化しないのは週2のシャンプーと塗り薬の成果だと思う

水曜日に 半年ぶりに痙攣を起こした
私の3ヶ月ぶりの通院日 出掛ける寸前 出掛ける事が解るのだろうかと思う

父・母がいるうちにとでも思っているのだろうか

最近は年齢と共に痙攣の数は若い時に比べると随分間隔が長くなった
良い傾向だと 胸をなで下ろしている

彼女の 嬉しくもない痙攣履歴はちゃんと残している
ブログにはいちいち書いてはいない それは胸が詰る程の数である

幸い 今回は5分くらいで治まった   良かった~~

帰ってくるまで頑張るんだよ あー兄ちゃんも助けてね と伝言を残す


CIMG7645_convert_20170908132631.jpg

我が家の ミスターフォトジェニック いつ写しても写真写りが良くて得だね


CIMG7661_convert_20170908132702.jpg

家でもご近所さんでも来客にも 皆で育てて貰っている「くろ」ちゃん
中々の世渡り上手である


CIMG7658_convert_20170908132731.jpg

にゃんこ好きな方は必ず ハウスを覗き込んで通る(笑
他所のお兄ちゃんにおやつを貰っている


私、 12月に左手の人工関節 右手は数年前に施行済み
右足をどうするか ドクターと相談中 左手だけにしようかと思ったのだが
しんどい事は 1度にした方が多分ベター 何もかもが1度で済むことはやはり有り難い


10月にもう一度諸々の検査があるので その時にべターな方法を選択しようと思う
3月に手術した腰椎の骨は 徐々に出来ているそうである

人間の身体って上手く出来ているね 恒例に(あっ わざと字を間違えた)高齢に
なっても骨は復活するのである  それでも痛みはまだまだある

これも日々の戦いだ

ついでに頭脳も復活して欲しいねぇ(笑 こりゃ駄目なんだろうね(>。<)
かなりの劣化が見られる




| 料理~和食~ | 15:26 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゴーヤ&パプリカの甘酢漬け

久しぶりの「和み庵」のメニュー


CIMG7591_convert_20170903002138.jpg

飲み物は 薄めのハイボール ミント入り


CIMG7592_convert_20170903002200.jpg

酒の肴は身体に優しい物 満載
(肉類はシンガポール風卵焼きに入っているハムのみ)

上段 左より トマトのハチミツ漬け・ゴーヤ&パプリカの甘酢漬け
         カナガシラの自家製一夜干し

下段 左より 豆の煮物・卯の花煮・シンガポール風卵焼き


CIMG7562_convert_20170903002616.jpg

ゴーヤの甘酢漬け

これ簡単だけど意外に美味しいゴーヤ料理の一つです お薦めです
ゴーヤの苦みが嫌いな方でも作程気にならないと思います

【材料】

ゴーヤ   2本
パプリカ 赤・黄   1/2個~1個 
パプリカはカットすると劣化が早いので1個使用しても良い
生姜   千切り   少々

調味料   
酢   150cc 私は控えめが好み半量くらいしか入れない
砂糖     200g お好みでこれも100gに減らしても可
薄口醤油   150cc 
御自分の好みで調整して下さいね


CIMG7570_convert_20170903002640.jpg

先日 頂いた魚の処理 一気に行きますね =^-^=

鱈の揚げ物 サラダ風 これ白身の魚で新鮮で 鱈独特の匂いも無し
盛り付けが悪く「鱈」が見えていない


CIMG7573_convert_20170903002553.jpg

器を代えて盛り付け直し 感じが違ってくる やっと鱈が見えた =^-^=


CIMG7587_convert_20170903002432.jpg


ノドクロの煮付け


CIMG7581_convert_20170903002353.jpg

カナガシラ と言う魚  初めて聞いた名前中々覚えられない

冷蔵庫で 一夜干し 塩分控えめで上品なお味に仕上がります
3%の塩水 これくらいが丁度良い 青魚だと5%くらい

良い塩を使えば更に美味しい\(^o^)/


CIMG7589_convert_20170903002110.jpg


冷蔵庫で乾かした物 以前ベランダで一夜干し していたら夜中に
猫かイタチに持って行かれた 馬鹿だね~~ 塩分の取り過ぎはいかんよ
結構大きな魚 口に咥えて持って行ったのかな?


CIMG7593_convert_20170903002223.jpg

焼いたらこんな感じね 旨味が出て美味しいです


CIMG7580_convert_20170903002333.jpg

さてさて さっきも爆睡しているところを起こされ 仕方が無い すぐに眠りに戻れない
ブログでも書くかな(笑

あじゅあじゅの甘えがエスカレート気味
トイレやお風呂何処までも付いてくる

「どちたの」 優しい声を掛けようものなら 「うっふん うひゃ~~」
のような鳴き方をする 君は何を訴えているのか 「は~~~っ」

ほんと疲れる さっさと寝なさいよ 夜中に起こすでない


CIMG7575_convert_20170903002310.jpg

相変わらず週二のシャンプーは欠かせない
何故ならば 身体を舐め回すわ搔き搔きするわで これ我が家に来た時から
癖だったのね 多分一生治らない と言うより完全に癖になっている

綺麗にシャンプー後 薬も飲ませ(薬は毎日ではない) 身体に軟膏を塗って上げる事が一生続く


CIMG7469_convert_20170903002842.jpg

だい坊は 夜中に大運動会を一人で行う事が趣味らしい(>。<)

その大きな物音さえ子守歌のように聞こえる そう思わないと神経が持たない(笑

「おっさん」には構えて突進するらしい 完全に舐められている
性格は最初から やんちゃ坊主(*。*) もう2歳を過ぎた

くろちゃんはくろちゃんで 玄関出たら何か食べる物下さい
いくらでも入りますです 適当にご近所さんとも上手く愛想を振りまいて
上手に共存している

今日は 初めて日中のクーラー点けずに済んだ 窓も総て閉めた
毎朝 扁桃腺が痛い まだタオルケットである 夏布団に代えないとね

昨日「おっさん」と壮絶な喧嘩をした
男のくせにしつこいのである 自分の非を認めない
あっさり 「ごめん」 と言えば良いのに 言い訳があきれる程上手い
最終的には 煩い もう止め~~ そんなの男として情けないと思わんのかい

それでもしつこく ぐだぐだと(笑 
捨てるで!!



  

| 料理~和食~ | 02:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT