今日のごはんは な~~に

料理・レシピ・日常・わんこ

2014年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

さつま芋のきんぴら風

さつま芋って買ってきてもすぐに置き去りにされてしまう
何故かと言うと昔はおやつはサツマイモが定番だった
それも今のような鳴門金時とか安納芋のような美味しい
代物ではなく記憶に残っているのは のうりん1号とか??

ならば買わなければ良いのにね(笑


2014_1013_162930-P1070601_convert_20141015174601_20150129104918989.jpg

【材料】

さつま芋   300g
ベーコン   100g
サラダオイル   大さじ2
酒・砂糖・醤油   各大さじ1
炒りごま   少々

【作り方】

1.さつま芋は拍子切りにして水につけアクを取った後水分を拭き取っておく
2.鍋にベーコンとさつま芋を入れ弱火で芋に火を通す
3.調味料を絡めてきんぴら風に仕上げる 炒りごまを振る

意外に美味しい物です ビールのつまみにも「いいとも」


2015_0118_105218-P1080075_convert_20150129103952.jpg

キングサーモンのムニエル タルタル添え


2015_0126_151842-P1080202_convert_20150129104330.jpg

キングサーモンの塩焼きからのリメイク 焼き飯というよりも
くっちゃらくっちゃら炒めただけ 鍋ふりは無理!!

大根葉を固い部分もFPにかけて繊維をズタズタにして使用
これで青物の変わりが出来た =^-^=


2015_0126_095422-P1080173_convert_20150129104031.jpg

画像の色 悪し(>。<)   味は良いのですよ =^-^=


過去のレシピは   こちら

ポテサラ入り卵焼き


2015_0126_134430-P1080191_convert_20150129104111.jpg


2015_0126_134532-P1080193_convert_20150129104145.jpg


2015_0126_134554-P1080194_convert_20150129104307.jpg

おかしゃん 又又又 おれへんかってん 病院に一泊やって 





27日 入浴中 またまたまた脱臼しまして・・・
洗い場での顛末です 今回の手術した方の足の指洗ってる時の事です

これが又ね しつこく洗っていた訳ですわ 骨が「こくっ」って鳴ったのよ

思わず「やばっ」と思った訳ですわ  「あちゃ~~」って感じ
脱臼 と思ったのですがねすぐに立たず 悠然とシャワーで頭から体まで
洗い流し体を拭いてそれでも背中などはびしょびしょ バスタオルで体隠して

「おっさん」呼んで車椅子を入れて貰い 片足移動は慣れているのでね取り敢えず
服を着て病院にTELし「救急です」 
「脱臼したので○○先生にお伝え下さい」とな 「折り返しTELします」と言うので
その間 髪を乾かしレントゲンそのまま撮れるようなトレーナーに穿き替え

「すぐに来て下さい 所要時間は」等のやり取りがあり「救急車で来ますか」

いえいえ自家用車で行きます 電動の車椅子がありますからそれこそ
着の身着のまま状態で駆け付け その日の整形のドクターこの先生も知っている
に説明をし「脱臼に間違いありません」 ドクター苦笑い

レントゲンを撮って まちがいなく脱臼だ
レントゲン技師 ストレッチャーで行く いえいえこれで結構です

にゃにゃんと一泊入院だと言う 脱臼した部分はその日に入れてくれると言う
帰りたいと訴えたが簡単な麻酔でも麻酔は麻酔だから・・・経過観察が必要だと言う

取り敢えず懐かしい病棟へと移動 懐かしい看護師さん達(笑
とても親切にしてくれて有り難いけれど 最後の食事は何時 最終の水分は

点滴をして手術室へ

またまたまた 例の麻酔医の大阪の乗りの「おっちゃん先生」

○○ いろ里さん とうとう暖房機にされたわ
11月 12月 1月 「これで3回目や~~」 「もうこんとってね」だって
3度目の正直とも言うで(笑

若いドクター二人に前回 「オチリに青たん出来てめちゃ痛かった
その夜は膝も伸ばせなかった 痛くないようにしてね」

一応注文はつけた 「よっしゃ 気を付けてやるわ」 手術室でやる会話じゃないよね

足にはめる脱臼防止の装具等持って行ってはいない 
それが無いと動いてはいけないと言う 
本音を言えばねその装具装着していても脱臼する時はする
退院以後装着した事は   ない
これトイレに行く度に外したり着けたり大変な代物である

仕方がない「おっさん」その日は2往復 往復1時間半で3時間

わんこのトイレも気になる 

その日は一泊したが何もする事が無くて眠れない しかも手術した人ばかり
の部屋 看護師さんが一晩中出入りする

朝 病棟医が来て例の性格の良い先生 「もう一泊する 色々聞きたい事があるんよ」
リハビリのイケメン兄さんが「どうやって脱臼したか」聞きたいと

「次の診察日にして 兎に角 帰りたいばかりを連呼」

会計は後日連絡が来ると言う 早朝だったので精算もせずに帰宅

やはり痛くないようにしてと言った効果はあった

オチリのほっぺは多少の痛みはあるがそれは仕方がない それくらいは我慢しないとね

昨日と今日は少し安静一週間もすると痛みは取れるだろう
それにしても脱臼が多過ぎる もっと気を付けないとね もう嫌だわ

3わんず 長い時間ほっておかれて のんのん君が「おちっこ」我慢できなかったらしい

「おっさん」が玄関を開けると同時に外へ出て排泄したらしい
それに気付かなかった「おっさん」のんのん君がいないとそこらじゅう青くなって探しまわったという

玄関 空けたらすぐ「のんのん」が外に・・・いた

わんずも含め家族全員   疲れた 

| 料理~和食~ | 12:31 | comments:48 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT