今日のごはんは な~~に

料理・レシピ・日常・わんこ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

いちご大福

甘い物続きで和菓子を



2011_0114_031334-IMGP7977_convert_20110204145236.jpg


2011_0114_031940-IMGP7978.jpg


最近画像は殆ど夜撮っている
やはり暗めに写る
スタンドなどを併用して見る


2011_0114_032909-IMGP7980.jpg


器を変えるとまた趣が変わる



2011_0114_012833-IMGP7970.jpg



【材料】

白玉粉   250g(餅粉でも良い)
水   300cc
砂糖   150g(砂糖の量は減らしても可)
塩   ひとつまみ
いちご   20個(いちごは小さめの物が包みやすい)
白餡   300g
片栗粉(打ち粉用)

小豆餡のいちご大福もあるがこれに関しては白餡が好み
なのです


【作り方】


1.新鮮ないちごを軽く水洗いしへたを取り水を良く切っておく
2.(1)のいちごを白餡で包み丸める
3.白玉粉・砂糖・塩を耐熱容器に入れだまがないように良く混ぜ
  ラップをしてレンジ強で4分温める
4.(3)をレンジから取り出しもう一度良く混ぜラップをして
  レンジで2~3分温める
5.(4)を木べらで良く混ぜる
  生地が見た目粉っぽさがなくなればOK
6.片栗粉で打ち粉をしたパレットに(5)の生地を取り出し
  白餡で丸めておいたいちごに餅生地をかぶせ伸ばしながら包む


【ワンポイント】

(6)で餅生地を包む時パッドに残っている生地にラップをかけて
 おけば生地が保温され綺麗に包む事が出来る
 冷めると生地に伸びがなく非常に包みにくくなる
 手早い作業が必要である
 最初はこの半量で作る方がベターかもしれない
 しかし食べやすいのですぐに食べてなくなる

 果物はキュウイ・バナナ・葡萄・栗等でも美味しく出来る

私事で恐縮ですが実は電子レンジ料理が苦手です
単なる私のこだわりなのですが蒸す物は蒸す・焼く物は焼く
煮る物は煮る 揚げ物は揚げるのが好きです

なのでこういう物だけは番外品です

最近は新しい調理道具の進出によりあちこちでルクエ等を
見かける
道具好きな私が何故か飛びつかない
今ある道具がもったいないしそれらにも愛着がある

これはレンジ料理に決して否定的な意見ではないので
お気を悪くなさいませんように・・・

私もその手の本はたくさん持っている
時短にはなるしお忙しい奥様やお嬢様にはどんどん使用を
お薦めしますが私は時間だけは24時間フリー
少しくらいのこだわりも良いだろうなどと思っている



2011_0113_022755-IMGP7967.jpg


酒の肴にぶりカマ(良く購入する)



2011_0111_002645-IMGP7929.jpg


タコの柔らか煮   これも酒の肴か??



2011_0109_205834-IMGP7905.jpg


里芋で作ったコロッケ
中身はアサリのむき身   衣は粉砕した春巻きの皮

これ中がモチモチで外がカリッ面白い食感

何故粉砕したかというと春巻きの皮の残り物
保存状態が悪くカリカリに乾いていた
丁寧にはがし濡れ布巾で湿らせれば元に戻るのだが
そこで無い知恵で考えた
FPにかけて粉砕しパン粉代わりになるかと
・・・なった・・・

基本 昔人間 基本もへったくれもないが歳くってるだけ
物を捨てられない 前回使用後日にちも経っていないし
是が非でも使おうという気だけはある

「ケチとも言う」

「食べ物は捨ててはいけません」三つ子の魂百まで

いえいえ百歳などとんでもない   もっと早くに死にたい

本当はいつ逝っても良いのだがこの子たちを置いては逝けない
いつも言うが4わんずの最後の子と共にこれ以上の幸せはない


わが人生に悔いなし

ごめんなさい変な終わり方になってしまって
ご安心ください 至って平常心明るい気持ちで書いていますので

そういう人生を送りたいと言う話なのであります

1月も流れるように過ぎて行きます

| 料理~和菓子~ | 11:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT