今日のごはんは な~~に

料理・レシピ・日常・わんこ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

肉じゃが

定番肉じゃがであります



2004_0125_190458-IMGP9794_convert_20110720150554.jpg


【材料】4人分

牛肩ロース又は豚ロース(薄切り)   200g
じゃがいも   500g
人参   100g
玉葱   200g
さやいんげん   40g


(煮汁)

出汁   カップ1
砂糖   大さじ2
醤油   大さじ3
酒   大さじ3


【作り方】

1.じゃがいもは一口大に切り水に少し晒し変色を防ぐ
  人参はじゃがいもより一回り小さめの乱切り
  玉葱は8等分のくし型
  さやいんげんは熱湯で3分ほど色良く茹でる
  肉はお好みの大きさに切る
2.鍋に煮汁の材料を入れ肉を加えてざっとほぐす
  強火にかけほぐしながら加熱する
3.煮立ってアクが出たらアクをすくい取りじゃがいも
  人参・玉葱を加える
4.落とし蓋をして鍋の蓋をずらして乗せ(きせ蓋)中火で約15分煮る
5.煮汁が鍋の底に残るくらいになると全体を大きくそっと混ぜる
  具を寄せて煮汁にインゲンを入れ温まったら出来上がり

※コツをいくつか書いておきます


薄切り肉を団子にしない方法

煮汁が沸騰しないうちに入れてほぐし、ほぐしながら加熱する
又は沸騰した煮汁に1枚ずつ手早く加える

肉じゃがは中火で

じゃがいもは意外に早く火が通るので中火でどちらかというと
勢いよく煮る 弱火で長く煮ると煮崩れする


落とし蓋で煮汁をまわす

少なめの煮汁で煮る
落とし蓋をすれば煮汁が当たって全体に周り混ぜなくてもOK
混ぜると煮崩れし汁が濁る

牛肉・豚肉とも切り落としでも良い
少し脂身がある方がコクが出る

男爵系はホクホク感がメークインは煮崩れしにくくねっとり感がある

肉じゃがはおかずの定番ではあるが案外難しい
ちょっとした心遣いで美味しく仕上がるのであれば
手間を惜しみたくはない

※もしも火加減の関係でじゃがいもが柔らかくならないうちに
 煮汁がなくなった場合出汁か水を足して下さい



2004_0115_021017-IMGP9569.jpg


オクラの梅和え



2004_0115_021228-IMGP9571.jpg


この時期美味しい鮎の塩焼き
たで酢で



2004_0115_032412-IMGP9574.jpg


フレッシュハーブティ
プランター菜園の生ハーブ 組み合わせはいろいろ

絶対に外せないものはレモングラス
このしゅわしゅわ感が癖になります

これお薦めですよ ハーブ専門店で買えばお高いです
高いものは作るという精神にのっとって我家毎年栽培しています


暖かい物でも冷たく冷やした物でも心が安らぐ


先日作った鶏飯をブログ友達のフィスティーさんが作って下さった

彼女のブログはこちら

日々の生活あれやらこれやら

実は過去にも私の料理を作って頂いた方はいらっしゃるのですが
このような紹介は多分した事がなかったような・・・

何だかこっぱずかしかったというのもあるのですが
その日の鶏飯の反響が少なく水茄子の御漬物の方が
人気があって複雑な思いをしていた訳でありまして(笑

何だか妙に嬉しかったというか・・・今までの方ごめんなさい

リコメで鶏飯「美味しいよ おいしいよと」連呼はしたのですが
聞き入れられず

これ絶対お薦めですからしつこく言っておこう!!
ついでにそれほど手間でも無い 具材は何でも良いのです

あ~~~っ・・・すっとした(まるで子供ですね)



2004_0115_213511-IMGP9611.jpg


一時食欲が落ちていたゆきちゃん
最近御機嫌が戻ると同時にモリモリ食べ出した

油断するといつもゆたっと食べているのんのん&偏食王子のあーちゃん
横取りされている

彼らメンズはぼ~~~っとしている
取られても実に鷹揚なものだ

こちら台風の被害は何もありませんでした
雨も風もなく普通にお散歩にも行っています

皆様の所も何事もなく通り過ぎる事を祈りながら・・・
今日もありがとうございました

| 料理~和食~ | 16:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT