今日のごはんは な~~に

料理・レシピ・日常・わんこ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

きりたんぽ鍋

きりたんぽは秋田県の郷土料理です
煮崩れしやすいので材料の一番最後に入れ一煮立ちしたら頂きます



2012_0115_054007-IMGP3166_convert_20120117125749.jpg




2012_0114_142708-IMGP3154_convert_20120117125924.jpg



2012_0115_060334-IMGP3171.jpg


煮上がりはこんな感じです



【材料】4人分

米   2合

鶏もも肉   200g
しらたき   1玉(200g)
牛蒡   100g
葱   1本
せり   1束
茸類(マイタケ等)   1パック

スープはお好みの物で宜しいかと思います
我家は和風出汁でこれが一番好みです


【作り方】

1.米は洗う 分量の水につけて30分以上置き炊く
2.(1)をすりこぎで米粒が少し残るくらいまで付く
  たいして力はいりません 1個80gくらい8個出来る
  割り箸2組を重ねて真にする 手水を付け13~14cm長さに
  巻きつけきりたんぽを形づくる(割り箸にも水を付けて下さいね)
3.オーブンかグリルで焼き色が平均に付くまで焼く
  布巾で押さえて割り箸を回しながら抜き取る(ここ重要)
  冷めてから好みの大きさに切る
4.鶏肉はひと口大に切る(今回はつみれにしました)
  しらたきは結びしらたきを使用 下茹でしておく
5.牛蒡はささがきにする 水にさらしアク抜きをする
6.葱は斜め切りせりは5~6cm長さに切る 茸はお好みに切る
7.鍋にスープと材料を入れ煮る 最後にきりたんぽとせりを入れる

せりはリンクを貼っている方から本場ではせりの根っ子を入れると言う話を聞きました
綺麗に掃除をして入れてみたところやはりせりの香りが堪らない

これは三つ葉ではなくせりが良い あの独特な風味はせりでしか味わえない様な
気がしました

私は香り野菜が大好きで匂いの強い野菜は良く使います
せりの香りも好きです



2012_0114_111332-IMGP3142.jpg

今回は割り箸一組しか使っていません
二組の方が穴が大きく開きます


2012_0114_115931-IMGP3149.jpg


オーブンやグリルで焼き目を付ける時アルミホイルで巻いて下さいね
焦げて焼けてしまいます
グリルで焼く場合は焼き網にオイルを塗っておく こうするとくっつかない



2012_0115_055754-IMGP3168.jpg


購入するとこのような物がありますが作ったところでたいした手間ではありません
一度お作りになる事をお薦めします これたったこれだけで400円あまりします

スーパーでさん・きゅ・ぱっ(398)だったかな??(笑
作る価値絶対にあります(*^_^*)

モチモチして美味しい!!



2012_0115_020541-IMGP3158.jpg


これ実家にあった昔ながらのお皿   懐かしいお皿です
何だか古びた感じはするのですが田舎から持ってきた数少ない物です
何故これが我が家にあるのかは覚えていません

これをみると「母」の事を思い出します
私は高一が終わる3月に母と永遠の別れをしました
母は44歳の短い人生でした

最後の頃学校には行けなかった想い出があります
母が寂しがって離さなかったのです 学校に行きたかったのですが
母が涙ぐむのでそれを押してまで行けませんでした

あの日からもう何年を迎える事になるのでしょうか
母との最後の想い出です

私は3人姉妹の3女でしたが妙に私の事を頼りにしていました
理由は未だに判りませんし聞けませんでした

母と過ごした歳月は長い人生の中のたったの16年ではありましたが
多くの物を学んだような気がしています 
凝縮した密度の濃い16年間だったと思っています
とても器用な人で私たち姉妹は未だに足元にも及びません

数多いブログの中からお立ち寄りいただきました事感謝しています
ありがとうございます







| 料理~和食~ | 13:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT