今日のごはんは な~~に

料理・レシピ・日常・わんこ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

未だ入院中です

この一週間検査と言う検査受けていますが一向に熱は下がる気配を見せず
夕方くらいから37℃最終的には38℃超えが続き原因が見つからず

ドクターは頭をかしげるばかり・・・   ・・・   ・・・

金曜日に受けた ガリウムシンチ

アイソトープ検査とも言う

放射線医薬品と言う検査用の薬を静脈注射した後体外から体の中の薬の分布を専用の
カメラ(ガンマカメラ)で画像や検査値として捉え 病気の有無や病態の把握のための
診断を行う

体の中に入った薬から放射線が出ますがこれは極微量で専用のカメラにより画像に出来る
最小限の量で時間と共に減少して行くので後々まで放射線が出る事はなく検査を受ける本人
や周辺への影響は心配ありません

と言うものらしく これは高価な検査薬を使用するそうです


この結果やはり左股関節の再置き換えと言う事は2回人工関節を入れている場所が
炎症反応が見られすぐさまレントゲンを撮ったのですが異常はなく緊急でMRIを月曜日に入れ
火曜日に穿刺をする予定です

要するに股関節の組織を採って培養し菌があるかどうか確認したいとの事

私の体感では 菌が付着すれば熱を持ち 手で触れば熱感を感じる所が何も異常はなく
菌が付いているとは考えられません

痛みも無く歩く事も出来るし そこが炎症を起こしているとは考えられません

でもCRP依然として
8.45と高く ドクターとしてはそこしか考えられないようでMRIを採り穿刺をするという事は
逆らいようも無く・・・

一応 自分の見解は病棟医の 超美人先生には伝えました

私もこの病気 伊達に25年も戦っている訳ではなく 病気とは常に真摯に向きあい
勉強もし 必死に戦ってきたつもりです

まぁ来週はそれらの検査に加え 足の指のレントゲン最終的には 大腸検査&胃カメラの
予定も入っており それらでもう検査をする所は何もなく熱さえ下がりCRPさえ下がれば
退院できそうなので頑張って熱を下げるように努力します

抗生剤の点滴を打ち続けたにも拘らず今回 あまり効果も無く正直 ドクター泣かせ

私自身が 「訳わかめな人間」

きっと熱に関しては原因不明なままの帰宅となるのだと思います

自宅のトイレと病院のトイレのサイズが違い 脚の短い(ここ重要)24時間点滴の間
水分を流し続けた結果 トイレの回数も半端ではなく 人工関節の 股関節を痛めた事は
間違いありません

傷めて炎症を起こしている事は間違いありませんが・・・しつこいようですが「菌」ではない

何度も言いますが自分の体の事は 誰よりもわかっているつもりです

多分股関節に 菌は無しと私は読んでいます もし違っていたらドクターに謝りますが・・・

ただ熱に関しては 私も判りません

来週で4週間もの戦いは 流石に疲れて 痩せてきました
それは3週間も熱が出れば体力消耗は 必至 

それに加えて普段から食が細い 周りを見ていると皆さん良く食べられる
100gのご飯が中々食べられない私にとっては 食べる事も一つの戦いです

大腸検査となると又下剤を使い腸を空っぽにする訳でますます消耗しそうです(>。<)



2013_0817_075340-P1030258.jpg



2013_0817_075424-P1030263.jpg



2013_0817_075250-P1030252.jpg



今 穿刺に向けて抗生剤を切っており 今日は外泊したかったのですが外出のみで
短時間の帰宅です

私にとってもらぶりーずにとってもそれは大切な時間であって 
双方がストレスを解消できる唯一の時間でもあります


毎日 3回の抗生剤の点滴は非常に苦痛を伴い これにひととき解放されただけで元気になれそうです

兎に角 私は病院に居る事でますます病状が悪化しそうだと主治医に訴えています

来週一杯頑張って必ずや家に帰ってきます

相も変わらず ブロ友の皆様には 
温かい拍手コメを 数多く頂き感涙しております

涙 涙で読ませて頂いています

本当に嬉しい限りでこれも私にとって大きな励みになっております
皆様の励ましに応えます

短い時間の中でも それらのコメントを読む事は大きな力を頂いております
お返事は お言葉に甘えて今回はお返しできませんが心から御礼申し上げます

ありがとうございます




2013_0703_182453-P1020866.jpg


最後にアップし損ねている料理画像 載せておきますね

速く 自分が作ったご飯が食べたいです

今日は頂き物の
美味しくて2個も頂きました

シャワーを浴びたら もう少しらぶりーずと遊んで病院に戻りますが

「帰りたくな~~~~~~~い」

です

我儘を言わずにしょんぼりと帰ります

この度 「おっさん」も大変だとは思います

いくら一生懸命 らぶりーずと接していても 私が帰れば彼らは「おかしゃん おかしゃん」です

「おっさん」気の毒ではありますが・・・   ・・・   ・・・

食べる事には自分が好きな物を食べられていて困ってはいないようです(笑

| 日常日記 | 10:57 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT