今日のごはんは な~~に

料理・レシピ・日常・わんこ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ゆきの避妊手術

ゆきの里親になった時からず~~~っと悩み続けていた避妊治療
10月30日にやっと行う事が出来ました

問題は麻酔のリスクです


動物病院は色々と調べ何箇所か廻りましたが手術には色よい返事は
貰う事は出来ませんでした



のん・あずは去勢手術していますし後々の事を考えるとやはり後年に
生殖器系の病気が出た場合 ただでさえ難しい麻酔のリスクがもっと上がります

後年にそれらの病に罹る罹らないはその子の運命の様なものです


2度の出産経験があった「くう」でさえ去年生殖器系の病気をしました
「くう」も出産直後避妊手術行ったのですが麻酔で心停止を起こし急遽
取り辞めた経緯があります

この時に他の麻酔の方法があるとは言われたのですが出産経験があるから
大丈夫とドクターも私もそれで収めました

それが10歳にしての病 この時ゆきの事も真剣に考えました

今回の手術前にはあるとあらゆる検査をし心臓も丈夫だと言う事で何とか
ドクターに納得して頂きました

初めは相当渋ったのです

私は相当粘りました

もしも心停止を起こしたら即取りやめと言う事で・・・
蘇生はその場ですぐに出来ます

痙攣の周期もデーターを総て取っているのでその時期を外して祈るような想いの手術でした

どうぞ上手くいきますように

その日は居ても立っても居られない長い長い一日でした

自分の手術の方がはるかに気が楽ですね 
くうの時もそうでしたが苦しくて苦しくて代わって上げられる物ならば代わって上げたいと
心底そう思いました



2013_1031_183650-P1040100_convert_20131031184914.jpg


昨日のゆきの様子です
当然元気はありません 若くて健康な迷い猫さんとは雲泥の差です

生体の違いも勿論あるでしょう


やはりドクターが渋った通り一筋縄では行かなかったようです

子宮の奇形がありました

彼女は外見だけではなく内臓系にも障害があったのです

ここでは詳しくは書きませんが私はしっかりと取り出した物を見ました

「ドクターが大丈夫ですか」と私は「大丈夫です」と答えました

とてもやりにくい手術で血管を数本切ったと正直に仰いました 
その処置に慌てました こういう経験は初めてだととても疲れた様子でした

大量に出血があり おしっこが出るかどうか心配だとの事
その日は会いに行きましたが 私の声に反応し応えてくれました

おかげさまで翌日ちゃんとおしっこも出て帰ってきました

彼女の運の良さを強さをまざまざと見せつけられたものです

まだ今一元気はありませんが 徐々に体調戻してくれると思っています



2013_1031_172037-P1040097_convert_20131031184807.jpg


昨日はお肉奮発して上げました 百貨店まで走りました^^
赤身のもも肉をボイルして勿論くう・のん・あずにも
分け隔てなく上げました

人間はこのような高級品は頂きません
せいぜいスーパーのこまぎれです(笑



「おっさん」ふとつぶやく

犬よっか下やな 当然やがな

これ半分以上冗談ですよ(笑
追記しました^^  


今日はわんこご飯作り頑張っています
色々作りました



2013_1030_134940-P1040085_convert_20131031184518.jpg



2013_1027_080143-P1040050_convert_20131031184242.jpg



2013_1030_134914-P1040084_convert_20131031184422.jpg


ゆきがお泊りした晩は居ない事がこんなにも寂しいと思った事はありません

くう・のん・あず・が居るのに満たされない夜でした
可笑しなものですね

当たり前に居る子が当たり前に居ない まんじりともしない夜が続きました
一つ憂いが解決しました 正直ホッとしています


| 日常日記 | 15:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT